野球の変化球の投げ方・握り方バイブル

野球を、投手をやるうえで欠かせないのがピッチングの軸になる力強い『直球』と鋭い『変化球』。
このサイトは様々な変化球の投げ方、変化球の握り方を紹介している、投手に向けた変化球バイブルサイトです。
変化球バイブルトップ : カーブボール系 : ドロップカーブ

=== ドロップカーブ ===

ドロップカーブはカーブの中でも特に縦の変化を強く含むものをそう呼んでいます。
強烈なトップスピンをかけることにより、横変化の代わりに縦変化が顕著になります。
縦の変化が強いためかなりの山なりの軌道を描くことになりますが、そこから急激に落下していきます。
この独特の軌道と変化球中最大と言っても良い変化量が、ドロップカーブを決め球として使える球種にしています。

ドロップカーブの握り方

ドロップカーブの投げ方

ドロップカーブの握りは通常のカーブと変わりません。
しかし、リリース時にトップスピンを与えるようボールの上側を擦るようにします。
そのために、カーブの時よりも手首をくの字に曲げる必要もあります。
また、トップスピンを与えるという性質上、オーバースロー以外では投げるのが難しいかもしれません。

代表的なプロ野球選手のカーブ

前田健太:決め球にもカウント球にも使えるドロップカーブ。
岸孝之:鞭のようにしなやかな腕の振りから放たれる、縦に大きく落ちるドロップカーブ。
変化球バイブルトップ
Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方バイブル All Rights Reserved