野球の変化球の投げ方・握り方バイブル

野球を、投手をやるうえで欠かせないのがピッチングの軸になる力強い『直球』と鋭い『変化球』。
このサイトは様々な変化球の投げ方、変化球の握り方を紹介している、投手に向けた変化球バイブルサイトです。
変化球バイブルトップ : フォークボール系 : フォークボール

=== フォークボール ===

フォークボール。
それは決め球の中の決め球。
フォーシームと似た球筋から急激に減速し、重力によってストンと落下する見極めの難しい球種。
カーブボールやスライダーが回転で変化させるのに対し、フォークボールは回転を減らして空気抵抗と重力で変化させます。
ガッチリ挟んで投げるため指が長くないと投げづらく、握力を必要とします。
また、すっぽ抜けないよう力を入れて投げるため腕全体の力みにつながり、それが柔軟性を失わせて肘に負担がかかるとも言われています。

フォークボールの握り方

フォークボールの投げ方

ボールの両脇を人差し指と中指でガッチリ挟んで投げます。
手首は使わず、固定してリリースします。
フォーシームより少し遅めに、地面にぶつけるイメージでリリースするといいかもしれません。

代表的なプロ野球選手のフォークボール

上原浩治:落差から変化量、コースもきっちり投げ分けるフォークボール。
岩隈久志:スライダーと共に決め球としてメジャーリーグでも成果を挙げるフォークボール。
変化球バイブルトップ
Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方バイブル All Rights Reserved