野球の変化球の投げ方・握り方バイブル

野球を、投手をやるうえで欠かせないのがピッチングの軸になる力強い『直球』と鋭い『変化球』。
このサイトは様々な変化球の投げ方、変化球の握り方を紹介している、投手に向けた変化球バイブルサイトです。
変化球バイブルトップ : カーブボール系 : スローカーブ

=== スローカーブ ===

スローカーブとはファストボールとの緩急に使われるカーブの中でも特に球速の遅いものを差します。
球速が遅いので変化量も多く、かなりの山なりの軌道を描いてキャッチャーミットに収まります。
その軌道ゆえ打者の目線は自然と高くなり、

スローカーブの握り方

スローカーブの投げ方

ドロップカーブの握りは通常のカーブと変わりません。
しかし、リリース時にトップスピンを与えるようボールの上側を擦るようにします。
そのために、カーブの時よりも手首をくの字に曲げる必要もあります。
また、トップスピンを与えるという性質上、オーバースロー以外では投げるのが難しいかもしれません。

代表的なプロ野球選手のスローカーブ

ダルビッシュ有:メジャーリーグでも話題になったフォーシームと50km/hも球速差のあるスローカーブ。
変化球バイブルトップ
Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方バイブル All Rights Reserved