野球の変化球の投げ方・握り方バイブル

野球を、投手をやるうえで欠かせないのがピッチングの軸になる力強い『直球』と鋭い『変化球』。
このサイトは様々な変化球の投げ方、変化球の握り方を紹介している、投手に向けた変化球バイブルサイトです。
変化球バイブルトップ : スライダー系 : 縦スライダー

=== 縦スライダー ===

通常、横の変化を多く含むのがスライダーですが、縦スライダーは多少横への変化を含みながらも縦に大きく落ちる変化球です。
フォーシームに近い球筋から鋭く変化するため、空振りの取れる決め球として採用できます。
この変化球を操る投手はかなりの奪三振率を誇っているので、それだけ威力のある変化球ということなのです。

縦スライダーの握り方

縦スライダーの投げ方

握りはスライダーと同じでボールのやや外側を握り、リリースを少し変えます。
リリースはスライダーよりも遅らせることが重要になります。
遅らせたリリースから一気に手首と指を使ってボールの外側を縦に切ります。
手首を捻ったり、過度に傾けたりする必要はないので注意。

代表的なプロ野球選手の縦スライダー

田中将大:高校時代から数多くの三振を奪ってきた縦スライダー。
松井祐樹:甲子園大会で打者10人連続、1試合22奪三振という大記録を打ち立てた縦スライダー。
変化球バイブルトップ
Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方バイブル All Rights Reserved