野球の変化球の投げ方・握り方バイブル

野球を、投手をやるうえで欠かせないのがピッチングの軸になる力強い『直球』と鋭い『変化球』。
このサイトは様々な変化球の投げ方、変化球の握り方を紹介している、投手に向けた変化球バイブルサイトです。
変化球バイブルトップ : フォークボール系 : スプリットフィンガー・ファストボール

=== スプリットフィンガー・ファストボール ===

よく耳にするSFFやスプリットとはスプリットフィンガー・ファストボールの略です。
メジャーリーグなどではフォークボールも含め、指を広げて握る球種をまとめてスプリッターと呼んでいます。
フォークボールに近い変化をする球種ですが、フォークボールよりも球速があり、その分落下幅が小さいです。
それでも低めからさらに落とすことで空振りを取ることができ、あるいはもう少し高目から落とすことでバットにひっかけさせることが狙えます。
フォークボールがブレーキと変化量で惑わすのに対し、SFFは速度を与えることでフォーシームとの見極めをより難しくして変化の鋭さで打者を惑わせるわけです。

スプリットフィンガー・ファストボールの握り方

スプリットフィンガー・ファストボールの投げ方

フォークボールよりもやや浅く握ります。
その分、フォークボールよりもコントロールがしやすいです。
また、多投による握力への疲労も多少ですが少なくなります。
リリースはフォークボールと同じように手首を返さずに腕の振りで投げるようにします。

代表的なプロ野球選手のスプリットフィンガー・ファストボール

田中将大:スライダーと合わせることでピッチングの幅を広げたスプリットフィンガー・ファストボール。
上原浩治:フォーシームとの見極めが困難なスプリットフィンガー・ファストボール。
変化球バイブルトップ
Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方バイブル All Rights Reserved