野球の変化球の投げ方・握り方バイブル

野球を、投手をやるうえで欠かせないのがピッチングの軸になる力強い『直球』と鋭い『変化球』。
このサイトは様々な変化球の投げ方、変化球の握り方を紹介している、投手に向けた変化球バイブルサイトです。
変化球バイブルトップ : チェンジアップ系 : チェンジアップ

=== パームボール ===

パーム(palm)とは『手のひら』という意味の英語です。
そしてパームボールは手のひらで包むように握ることから、そう名付けられています。
パームボールは指で押し出すことなく投げるため、回転が少なくなります。
球速が遅く回転数も少ないため、変化量は非常に大きくなり、かなり山なりの軌道をとらないとキャッチャーまで届かないほどです。

パームボールの握り方

パームボールの投げ方

握り方は写真だけでは伝わりにくいのですが、両サイドを親指と小指で固定し、ボールの上部を人差し指ら3本の指の付け根で押さえています。
3本の指を完全にボールから離しているわけではないことに注意しましょう。
パームボールは変化球の中でもかなり特殊なリリースを必要とする部類に入ります。
ボールは転がすわけでもなく押し出すわけでもなく、ここ!というタイミングでスポン!と抜くようにします。
これには腕の振りとボールを押さえる指の絶妙なバランスが必要です。
リリースしたい瞬間に指の力を弱め、押さえる力が腕の振りの遠心力に負けてボールがスポンと抜けるイメージです。

代表的なプロ野球選手のパームボール

浅尾拓也:あまり投げることはないが、フォーシームとの球速差で打者を惑わせるパームボール。
帆足和幸:決め球として使用されている綺麗な落ち方をするパームボール。
変化球バイブルトップ
Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方バイブル All Rights Reserved